著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

準事業

 不動産の貸付け等が準事業に当たるためには、当該不動産の貸付けが、相当の対価が定められ、かつ、相当程度の期間継続することを予定した賃貸借契約に基づいて行われていることが必要である。一審で敗訴した税理士法人は、控訴理由において、「相当の対価を得ていたかどうかについては、相続開始の直前において、相当の対価を現実に得ていたかどうかという客観的事実により判断するものと解される」との平成9年11月19日裁決を引用し、一審判決の判断に誤りがあることを主張した。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「準事業⇒35件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 欠損金の繰越控除可能額&自社株等対価MAの譲渡損益計算 2021年02月15日
解説記事 令和3年度税制改正〜コロナ禍後を見据えた企業活動の変革等に向けて〜 2021年02月01日
プレミアム税務 小規模宅地特例の適用を争点に税賠訴訟 2020年12月11日
解説記事 令和元年度における相続税関係の改正について(上) 2019年07月15日
解説記事 新設通達等に見る小規模宅地等の特例の改正の留意点 2018年10月08日
解説記事 平成30年度における相続税法等の改正について 2018年07月23日
解説記事 「事業用資産の買換え特例」と「小規模宅地等の特例」との接点(下) 2014年11月03日
解説記事 「事業用資産の買換え特例」と「小規模宅地等の特例」との接点(上) 2014年10月27日
解説記事 所得拡大促進税制の拡充と平成25年度申告実務の留意点〜平成26年3月決算法人を中心として〜 2014年03月17日
解説記事 特定居住用宅地等の特例〈老人ホーム入所等事案関係〉 2014年02月24日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」862号(2020.12.14「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.4.12 ビジネスメールUP! 2934号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで