著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

利用価値が著しく低下している宅地の評価

 @付近にある宅地に比べて著しく高低差のある宅地、A地盤に甚だしい凹凸のある宅地、B震動の甚だしい宅地、C@〜B以外の宅地で、騒音、日照阻害、臭気、忌み等により、その取引金額に影響を受けると認められる場合には、その宅地についての利用価値が低下していないものとして評価した場合の価額から、利用価値が低下していると認められる部分の面積に対応する価額に10%を乗じて計算した金額を控除した価額によって評価できるとされている(国税庁タックスアンサーNo.4617参照)。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「利用価値⇒59件

   分類
タイトル
登録日
コラム 審判所、令和2年4月〜 6月までの6件の裁決公表 2020年12月28日
プレミアム税務 審判所、騒音による土地評価で10%減額 2020年12月25日
解説記事 欧州におけるIFRSの適用事例〜ESMAが公表する執行決定事例集〜 2020年01月13日
解説記事 路線価方式における標準地の面積と特別の事情の存否 2018年07月30日
解説記事 従業員の出向・出張に伴う税務(2)〜出張編〜 2018年03月05日
コラム 高低差ある宅地及び畑の評価、評価単位めぐり原処分一部取消 2017年10月30日
コラム 先端設備リースの契約内容変更における会計処理が明らかに 2014年10月20日
解説記事 先端設備リースの会計処理、実務対応報告は2段階で公表へ 2014年06月23日
コラム 新規上場企業の内部統制監査は3年間免除 2013年10月21日
コラム 他の宅地との高低差のみで10%減額は認められず 2012年10月01日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」864号(2020.12.28「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.4.28 ビジネスメールUP! 2941号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで