著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

t検定

 ある仮説について正否を判断する統計学上の手法である「仮説検定」の一つで、通常、母集団に対して少ないサンプルしか集められない場合(例えば新薬の効果測定)に利用される。納税者は、競馬所得が納税者の主張する「独自のノウハウによる成果」と認定されるためには、税法の解釈とは別に、科学的(統計学的)に「当該独自のノウハウ」の有効性を証明する必要があるとの発想から、税法上の所得区分を争点とした本訴訟に統計学を持ち込んだものと考えられる。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「検定⇒88件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム税務 競馬の営利目的性を統計学用いて主張 2021年01月29日
解説記事 非課税(8)〜社会福祉事業・身体障害者用物品・教育・教科用図書の取扱い 2018年03月26日
解説記事 中長期インセンティブと税務・会計上の論点 2017年02月20日
解説記事 経営者報酬の「方針」の充実へむけて 2016年06月20日
解説記事 平成27年度における相続税法等の改正について(上) 2015年07月06日
解説記事 改正消費税法の経過措置政令を読み解く 2014年10月13日
コラム 教育資金一括贈与特例における文科省Q&Aの改訂ポイント(U) 2014年09月29日
解説記事 平成25年度税制改正における相続税・贈与税関係の改正について(下) 2013年08月12日
解説記事 税率の引上げと工事の請負等の経過措置(1) 2013年07月22日
解説記事 消費税経過措置の取扱いQ&Aのポイント(前編) 2013年05月13日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」868号(2021.2.1「今週の専門用語」より転載)

(分類:その他 2021.5.31 ビジネスメールUP! 2952号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで