著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

スコープ

 デジタル課税・第1の柱における「利益A」の対象となるビジネスの範囲。当初案では「消費者向けビジネス」とされていたが、BEPSプロジェクト包摂的枠組が昨年1月31日に公表したデジタル課税に関するステートメントで「自動化されたデジタルサービス」が追加され、オンライン検索エンジン、ソーシャルメディアプラットフォーム、オンライン仲介プラットフォーム、デジタルコンテンツの配信、オンラインゲーム、クラウドコンピューティング役務、オンライン広告役務等が例示された。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「スコープ⇒110件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 米国の新提案を踏まえたデジタル課税の行方 2021年05月03日
解説記事 BEPS行動14・2020年レビューとデジタル課税への影響 2021年03月15日
解説記事 第一弾 国・地域別ブレンディング&繰越制度の計算例 2020年10月26日
プレミアム税務 第2の柱 所得合算ルールに繰越制度導入 2020年10月16日
コラム 新型コロナの影響や10期連続でGC注記の企業も 2020年09月14日
コラム 税理士の報酬算定は採用せず、裁判所は会社提案の報酬額で 2020年05月25日
解説記事 デジタル課税のキーマン、OECDサンタマン局長、BIAC モリス委員長Wインタビュー 2019年11月18日
コラム 非上場会社における株主総会、訴訟で決議取消となった理由は 2019年07月29日
コラム OEM(製造委託契約)による飲食料品の軽減税率適用の可否 2019年07月15日
コラム 相続財産の仮装隠蔽をめぐり重加算税の取り消しが相次ぐ 2019年06月24日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」874号(2021.3.15「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.7.9 ビジネスメールUP! 2969号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで