著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

所有不動産記録証明書制度

 所有権の登録名義人又は相続人が登記官に対し、手数料を納付して所有不動産記録証明書の交付を請求することができる新たな制度のこと。相続登記の推進が目的である。日本国内における自己を登記名義人とする不動産の一覧であり、いわゆる名寄せといえよう。記録がないことの証明書も交付される。ただし、登記記録に記録されている所有権の登記名義人の氏名又は名称及び住所は過去の一定時点のものであり、不動産の網羅性等に関しては技術的な限界があることが前提となっている。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「相続登記⇒50件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 令和3年度における相続税・贈与税関係の改正について(下) 2021年07月05日
コラム 相続登記の義務付け 2021年04月26日
プレミアム会社法 相続登記の義務化を求める民法等の改正案が国会で成立 2021年04月22日
解説記事 税理士も知っておきたい相続登記の義務化 2021年03月22日
コラム 相続登記義務化へ、所有者不明土地問題で要綱 2021年02月22日
解説記事 コロナ禍への対応を迫る各省庁の令和3年度税制改正要望 2020年10月12日
コラム 所有者不明土地問題、相続登記を義務付けへ 2020年01月20日
プレミアム税務 所有者不明土地、使用者に固定資産税 2019年12月13日
解説記事 所有者不明土地問題で民法改正へ、その課題は? 2019年06月24日
コラム 所有者不明土地問題、相続登記の義務化等を検討へ 2019年02月25日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」875号(2021.3.22「今週の専門用語」より転載)

(分類:その他 2021.7.19 ビジネスメールUP! 2973号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで