著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

相続登記の義務付け

 相続登記は申請期限がないため、土地の所有者が死亡しても登記がされないことも多く、相続の複雑化を招く相続登記の未了は所有者不明土地問題の要因となっている。このため、不動産登記法の改正により3年以内に相続登記を義務付け、違反があった場合は10万円以下の過料とされた。また、所有権の登記名義人の住所・氏名の変更があれば2年以内に変更の登記を義務付け、申請を怠れば5万円以下の過料となる。なお、義務付けに伴う登録免許税の見直しは令和4年度税制改正で検討される。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「相続登記」⇒50件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 令和3年度における相続税・贈与税関係の改正について(下) 2021年07月05日
プレミアム会社法 相続登記の義務化を求める民法等の改正案が国会で成立 2021年04月22日
コラム 所有不動産記録証明書制度 2021年03月22日
解説記事 税理士も知っておきたい相続登記の義務化 2021年03月22日
コラム 相続登記義務化へ、所有者不明土地問題で要綱 2021年02月22日
解説記事 コロナ禍への対応を迫る各省庁の令和3年度税制改正要望 2020年10月12日
コラム 所有者不明土地問題、相続登記を義務付けへ 2020年01月20日
プレミアム税務 所有者不明土地、使用者に固定資産税 2019年12月13日
解説記事 所有者不明土地問題で民法改正へ、その課題は? 2019年06月24日
コラム 所有者不明土地問題、相続登記の義務化等を検討へ 2019年02月25日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」880号(2021.4.26「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.8.30 ビジネスメールUP! 2988号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで