著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

4象限フレームワーク

 資本収益性と成長性の両軸で事業セグメントの位置付けを確認し、事業ポートフォリオのあり方を検討するための枠組み。例えば現時点で「資本収益性は高いが成長性は低い」事業は、たとえ黒字であっても早めに売却し、売却で得た資金を成長投資に回す方が合理的選択となり得る。逆に、「足下の資本収益性は低いが成長性は高い」新規の成長事業については、過去の実績や単年度で資本収益性を評価せず、中長期の時間軸で評価するのが合理的と言える。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「事業ポートフォリオ」⇒20件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 企業統治指針(CGコード)改訂の意義 2021年05月03日
プレミアム会社法 事業ポートフォリオ方針の記載事項は 2021年04月30日
プレミアム会社法 社外増やさず1/3基準等充足目指す動き 2021年04月23日
解説記事 スチュワードシップ・コードの再改訂の概要 2020年05月25日
解説記事 「記述情報の開示に関する原則」及び「記述情報の開示の好事例集」の解説 2019年04月22日
解説記事 コーポレートガバナンス・コードの改訂と「投資家と企業の対話ガイドライン」の概要 2018年07月30日
解説記事 改訂コーポレートガバナンス・コードの課題 2018年04月16日
プレミアム税務 事業の買換特例、先行取得の可否も焦点 2017年09月25日
プレミアム税務 30年度改正で“事業の買換え特例”を検討 2017年09月04日
プレミアム税務 自社株対価TOB、譲渡益課税繰延べ要望 2017年08月28日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」881号(2021.5.3「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.9.8 ビジネスメールUP! 2992号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで