著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

金融商品取引法21条の2

 有価証券報告書等の継続開示書類に虚偽記載があった場合、その提出会社に対して流通市場で株式を取得した投資家に生じた損害を賠償する責任を定めた規定。投資家の損害額は「虚偽記載等の事実の公表」などの一定の要件を満たすことにより認められる。一般不法行為の規定である民法709条等の特則であり、立証責任を緩和したもの。平成26年金商法の改正により、提出会社の損害賠償責任は「無過失責任」から「過失責任」に見直されたが、立証責任は無過失を主張する提出会社側にある。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「有価証券報告書等 虚偽記載」⇒120件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 売上の過大計上で課徴金納付も有価証券報告書の虚偽記載に該当せず 2021年05月17日
解説記事 主要な米国の企業の会計監査人の交代 2020年04月06日
解説記事 「記述情報の開示に関する原則」及び「記述情報の開示の好事例集」の解説 2019年04月22日
解説記事 金融庁の考え方から読む企業内容等開示府令(上) 2019年02月11日
コラム 粉飾決算と代表取締役の責任で内部統制システムが問題に 2018年08月27日
解説記事 プロデュース社の粉飾決算めぐり監査法人に約6億円の賠償命じる 2018年06月04日
プレミアム会社法 粉飾決算巡る監査法人の賠償責任認めず 2016年01月25日
コラム 粉飾企業の非常勤監査役への損害賠償請求は認められるか? 2014年01月06日
コラム 西武鉄道事件 2013年09月23日
コラム 粉飾決算をめぐり取締役に賠償命じる判決相次ぐ 2013年09月23日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」882号(2021.5.17「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.9.10 ビジネスメールUP! 2993号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで