著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

流通株式

 東証が4月30日に公表した「第二次制度改正事項」では、「国内の普通銀行、保険会社及び事業法人等が所有する株式のうち、所有目的が純投資であって、最近5年間における“取引の実績”があるものについて、例外的に流通株式として取り扱う」こととされた。ここでいう「取引実績」とは「買い」でも「売り」でもよく、ボリュームや頻度は問われていない。したがって、5年以内に1株でも買い増し(あるいは1株を売却)するだけで「取引の実績あり」とされることになる。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「流通株式」⇒22件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム会社法 新市場区分とTOPIXの関係は 2021年08月06日
プレミアム会社法 新市場への移行を表明するタイミングは 2021年05月21日
プレミアム会社法 市場第1部の流通株式時価総額は100億円以上に 2020年08月06日
コラム 流通時価総額 2020年01月13日
解説記事 既存の1部上場企業、基準を満たさなくても“当分の間”はプライム市場への上場が可能 2020年01月13日
プレミアム会社法 東証、重複上場に係る上場規程を改正 2014年05月30日
プレミアム会社法 東証、重複上場する場合の上場制度を見直しへ 2014年04月11日
プレミアム会社法 東日本大震災の被災企業の時価総額に係る上場廃止基準を緩和 2014年02月14日
解説記事 マザーズの信頼性向上・活性化に向けた上場制度整備の概要と実務上の留意事項 2011年03月28日
解説記事 東京証券取引所における虚偽記載審査の実務 2010年09月20日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」883号(2021.5.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.9.17 ビジネスメールUP! 2996号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで