著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

特定役員退職手当等

 退職所得については、退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額の2分の1に課税するという累進緩和措置が設けられているが、平成24年度税制改正により、平成25年分以後の所得税からは、役員等としての勤続年数が5年以下である者が、退職手当等の支払者からその役員等勤続年数に対応する退職手当等として支払を受けるものは特定役員退職手当等と定義され、この特定役員退職手当等には2分の1課税という累進緩和措置の適用がなくなった。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「特定役員」⇒75件

   分類
タイトル
登録日
コラム 執行役員兼務も退職手当の全額が特定役員退職手当に 2021年05月24日
解説記事 令和3年3月期における法人税の誤りやすいポイント 2021年04月05日
プレミアム税務 退職所得課税改正の狙いは“節税封じ” 2020年12月25日
コラム 共同事業性要件 2020年01月20日
解説記事 適格合併における未処理欠損金引継ぎに対する行為計算の否認 2020年01月20日
解説記事 組織再編成の検討の実務(2)―税務担当者やアドバイザーが知っておくべきポイントと心構え 2019年06月10日
プレミアム税務 ヤフー・IDCFに続く否認事例が訴訟に 2017年08月21日
解説記事 行為計算否認、ヤフー及びIBM判決の影響鮮明 2017年06月19日
解説記事 ヤフー事件等を受けた今後の実務対応 2016年10月03日
解説記事 平成28年度における法人税関係の改正について(上) 2016年07月18日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」883号(2021.5.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.9.22 ビジネスメールUP! 2997号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで