著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

デュアル・レポーティング

 内部監査部門が、取締役会および監査役会に直接報告する仕組みのこと。昨年4月4日に公表されたフォローアップ会議「意見書(4)「コーポレートガバナンス改革の更なる推進に向けた検討の方向性」(4頁)は、内部監査部門について「CEO等のみの指揮命令下となっているケースが大半を占め、経営陣幹部による不正事案等が発生した際に独立した機能が十分に発揮されていない」と指摘している。この指摘を受け今回のCGコード改訂ではデュアル・レポーティングが促されている。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「内部監査部門」⇒36件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 Q&A 改訂CGコード 2021年06月21日
解説記事 企業統治指針(CGコード)改訂の意義 2021年05月03日
プレミアム会社法 ガバナンスコード、社長以外にも内部監査報告が必要との意見 2021年03月11日
解説記事 監査上の主要な検討事項(KAM)〜欧州企業による開示事例の調査B〜 2018年08月27日
解説記事 『監査等委員会設置会社』制度への移行の可否 2015年08月31日
プレミアム会社法 外部会計監査人の役割を適切に果たすためには 2014年10月23日
プレミアム会計 10月期決算法人の内部統制監査、1社が意見不表明 2011年03月07日
コラム 議事録から読み解く会社法制部会第一読会の審議(1) 2010年11月15日
プレミアム会社法 監査役協会、本年6月総会を含む定時総会前後の役員構成など調査 2010年10月25日
プレミアム会社法 企業情報開示や内部監査部門との連携などの報告書を公表 2009年10月06日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」887号(2021.6.21「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.10.15 ビジネスメールUP! 3007号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで