著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

MDSH(Marketing and distribution profits safe harbour)

 青写真で提案された二重課税調整方法。既存税法(従来のALPベース)により市場国で残余利益が計上されているのであれば、Amount Aによる配分は不要との考えに基づく。@市場国でのマーケティング・販売活動による売上高に対して一定の固定比率を乗じた額と、A計算上のAmount Aの額の合計額を上限(Cap)とし、既存税法による税額がCapを超える場合には、超える額はAmount Aによる配分の対象とならない。一部満たない場合は不足分となる差額がAmount Aとして配分される。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「二重課税調整」⇒42件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 令和3年度における国際課税関係の改正について 2021年08月23日
解説記事 特集第一弾 D課税ステートメント「第1の柱」の全容 2021年07月12日
解説記事 実務に直結する令和3年度の納税環境整備 2020年12月07日
解説記事 令和2年度における国際課税関係の改正について 2020年07月13日
解説記事 令和元年分所得税確定申告のチェックポイント 2020年01月06日
解説記事 令和元年度における国際課税関係の改正について 2019年06月17日
解説記事 平成30年度における国際課税関係の改正について 2018年06月25日
解説記事 平成27年度における国際課税関係の改正について 2015年07月27日
解説記事 平成25年度国際課税関係の改正について 2013年07月15日
コラム 会計事務所のための平成24年分所得税確定申告のチェックポイント 2013年01月14日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」890号(2021.7.12「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.11.8 ビジネスメールUP! 3016号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで