著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

リスク・ベース・アプローチ(RBA)

 国税庁が税務コーポレートガバナンスの取組みを行う上でのベースとなる考え方。個々の法人の税務に関するコーポレートガバナンスの状況、事業内容、申告・決算内容、把握された非違の内容や改善状況など各種要素の分析に基づき税務リスクを判定し、そのリスクに応じた的確な調査選定と適正な事務量配分を実践することである。従来は税務CGの評価が「良好」であれば調査時期が延長等されたが、今後は税務CGの評価に加え、法人の税務リスクに応じて調査時期等が決定される。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「コーポレートガバナンス」⇒305件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 場所の定めのない株主総会(バーチャルオンリー株主総会)の在り方 2021年10月11日
オフィシャル会計 決算短信やIR説明会資料で英文開示が特に必要 2021年09月02日
コラム プライム市場特則 2021年08月09日
コラム 3分の1以上の独立社外取締役、1部上場会社では7割超に 2021年08月09日
プレミアム会社法 新市場区分とTOPIXの関係は 2021年08月06日
プレミアム税務 税務CGが良好のみで調査時期延長せず 2021年07月09日
プレミアム会社法 気候変動等が法定開示の対象へ 2021年07月02日
コラム デュアル・レポーティング 2021年06月21日
解説記事 Q&A 改訂CGコード 2021年06月21日
プレミアム会社法 中核人材の多様性確保、ボードの責務は 2021年06月04日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」890号(2021.7.12「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.11.10 ビジネスメールUP! 3017号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで