著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

宣言的決議

 会社法や定款に定められた株主総会の決議事項ではないものの、株主の意思確認を行う観点から株主総会で決議されるもの。会社法上の決議事項でない以上、その効果は株主の意思が明確になるだけにとどまる。宣言的決議が行われる代表的例として買収防衛策があるが、仮に議案への反対が多数だったとしても、会社が強引に買収防衛策導入に踏み切ることも理屈上は可能である。会社法上の決議事項でない宣言的決議には決議要件もないが、通常は普通決議と同じく出席株主の過半数とされることが多い。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「株主の意思」⇒65件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 議決権行使書面の行使期限を巡る注目判決 2021年10月11日
プレミアム会社法 6月総会で会社提案議案の否決等相次ぐ 2021年07月09日
解説記事 株式交付の法務・会計・税務の要点 2021年06月07日
解説記事 書面同意の意思表示、取締役会決議が必要と判断 2020年02月17日
解説記事 書面による同意の意思表示、取締役会決議は必要か 2020年02月10日
解説記事 書面による議決権行使の有効性を巡る注目の高裁判決 2019年11月25日
コラム マジョリティ・オブ・マイノリティー 2019年04月29日
コラム 訴訟で株主の地位確定も役員報酬は損金算入できず 2014年12月15日
解説記事 ライツ・オファリングに係る新株予約権証券の上場制度の見直し 2014年12月08日
コラム ノンコミットメント型ライツ、上場制度見直しで濫用に歯止め 2014年11月10日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」890号(2021.7.12「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2021.11.12 ビジネスメールUP! 3018号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで