著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

平成23年改正後の国税通則法

 平成23年における国税通則法の改正(平成25年施行)は、@税務調査手続の(従来の運用上の取扱いの)法定化、A更正の請求期間の延長、B全ての処分について原則理由附記の3つの柱からなる。税務調査が法的手続として整備されたことを評価する声がある一方、未解決の問題も多く、調査手続の違法を主張して処分の取消しを求める係争が続いている。また、改正後の影響として、調査手続の厳格化による調査期間の長期化、実地調査件数の減少を受けて、調査の効率化が進められている。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「平成23年 国税通則法の改正」⇒37件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 犯則調査と課税調査との関係・「隠蔽・仮装」の行為者の範囲 2021年09月13日
解説記事 「税務調査の結果説明」巡る紛争が複数発生 2020年11月23日
コラム 修正申告後の更正請求 2018年08月27日
解説記事 過年度損失の当期損金算入と公正処理基準との関係・更正の理由付記の程度 2017年06月12日
プレミアム税務 処分理由不提示でも地方税法に違反せず 2017年03月13日
解説記事 平成28年度における相続税法等の改正について 2016年07月04日
解説記事 裁決事例から見る処分理由の記載内容 2016年01月11日
コラム 理由の提示不備による取消処分は納税者に不利!? 2015年08月10日
コラム 処分の理由 2015年08月10日
解説記事 塾講師等に支払う報酬の「給与所得」該当性 2014年09月22日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」906号(2021.11.15「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2022.3.18 ビジネスメールUP! 3066号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで