著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

家屋の評価

 平成30年度固定資産評価基準では、家屋の評価につき、評価の対象となる家屋と同一のものを評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費を求め、当該家屋の時の経過によって生ずる損耗の状況による減価を考慮して価格を求める再建築価格方式が採用されている。再建築価格方式によれば、各個の家屋の評価額は、木造家屋と非木造家屋の区分に従って各個の家屋について評点数を付設し、評点数に評点一点当たりの価額を乗じて求めることとされている。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「家屋の評価」⇒55件

   分類
タイトル
登録日
コラム 需給事情による減点補正率 2021年11月29日
プレミアム税務 控訴審も家屋の評価方法を容認 2021年11月26日
解説記事 固定資産税における家屋の評価を巡る最近の裁判 2021年11月22日
解説記事 令和元年台風第19号により被災した財産の評価 2020年07月13日
オフィシャル税務 最高裁、除斥期間の起算点は納税通知書の交付時 2020年03月26日
解説記事 裁決事例から学ぶ相続税評価、改修工事中の共同住宅のケースは? 2017年05月15日
解説記事 建替検討中のマンションに関し鑑定評価が行われた場合の評価通達適用の可否 2017年03月27日
オフィシャル税務 地価下落地域の土地の評価額修正は引き続き措置 2014年12月04日
オフィシャル税務 地価下落地域の土地の評価額修正は引き続き措置 2014年10月03日
解説記事 がん保険の入院給付金、コンドミニアム評価etc 2012年12月10日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」907号(2021.11.22「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2022.3.23 ビジネスメールUP! 3067号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで