著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

CbCR(国別報告書)2020年レビュー

 現状、直前会計年度の連結総収入金額が閾値(日本の場合、1,000億円)を超えるか否かで報告義務の有無が決まるが、行動13(移転価格文書化)の2020年レビューではこれを改め、@直近の2事業年度連続して閾値を超えた場合にCbCR提出義務を課す、A直近の4事業年度中2事業年度以上で閾値を超えた場合にCbCR提出義務を課す、B直近の4事業年度の平均総収入金額が閾値を超えた場合にCbCR提出義務を課すというように、複数年度で判定する案が検討されている。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「CbCR」⇒40件

   分類
タイトル
登録日
オフィシャル税務 CRS情報、約191万件の口座情報を受領 2022年02月04日
解説記事 デジタル課税・最低税率制度のモデル・ルールのポイント 2022年01月17日
プレミアム税務 第1の柱 第三者所在地国を収入源泉地に 2021年11月26日
解説記事 特集第二弾 D課税ステートメント「第2の柱」の全容 2021年07月19日
解説記事 特集第一弾 D課税ステートメント「第1の柱」の全容 2021年07月12日
解説記事 BEPS行動14・2020年レビューとデジタル課税への影響 2021年03月15日
解説記事 分割持分ルールと簡素化IIRの弊害 2021年01月18日
解説記事 CbCR2020レビュー公開討議草案の全容 2020年02月24日
解説記事 デジタル課税「第1の柱」が大枠合意 2020年02月17日
プレミアム税務 速報 CbCR2020レビューの公開討議草案 2020年02月14日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」908号(2021.11.29「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2022.3.30 ビジネスメールUP! 3070号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで