著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

最高裁昭和60年判決

 いわゆる大島訴訟、サラリーマン税金訴訟とも呼ばれ、租税判決の中で重要な位置を占める最高裁昭和60年3月27日大法廷判決のこと。同判決は、租税立法においては総合的政策判断、極めて専門的・技術的な判断を必要とすることなどから、裁判所としては租税立法の合憲性審査に当たっては立法府に広い裁量を認めざるを得ないとして、「その内容が明らかに不合理でないかぎり、憲法違反とはならない」という意味での「ゆるやかな合理性の基準」を採用している。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「昭和60年」⇒203件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム税務 控訴審も「寡夫控除」の所得要件を容認 2022年01月21日
解説記事 犯則調査と課税調査との関係・「隠蔽・仮装」の行為者の範囲 2021年09月13日
プレミアム税務 コロナ禍の税務調査、行政指導で対応も 2021年08月27日
解説記事 マンション販売事業者の仕入税額控除、控訴審判決 2021年06月14日
プレミアム税務 寡夫控除の所得要件を差別と主張も敗訴 2021年06月04日
解説記事 自身が代表取締役を務める法人への支出の必要経費性が否定された事例 2021年05月24日
解説記事 役員給与のうち「不相当に高額な部分」の算定方法 2020年07月20日
解説記事 純資産価額方式における簿外資産の計上 2020年02月03日
解説記事 破産会社の過年度損失に係る更正の請求の可否 2019年05月20日
解説記事 相続税における名義有価証券等の帰属 2019年03月18日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」915号(2022.1.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2022.5.25 ビジネスメールUP! 3091号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで