著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

SOの課税適状となる時期

 課税適状とは、課税可能な状態のこと。SO(ストックオプション)の課税適状となる時期は、原則として、権利行使時と売却時であり、権利行使時には、権利行使時の株価と権利行使価格との差額が給与所得として課税され(雇用契約等を基因として権利が与えられている場合)、売却時には、売却価格と権利行使時の株価との差額が譲渡所得として課税される。一定の要件を満たす税制適格ストックオプションの場合は、権利行使時の経済的利益が売却時まで繰り延べられる(措法29条の2等)。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「税制適格ストックオプション」⇒27件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム税務 SO税制拡充、ベンチャー企業等限定に 2019年01月07日
コラム 税制適格ストックオプション 2018年10月15日
プレミアム税務 税制適格SO拡充、ベンチャーに限定せず 2018年10月15日
プレミアム税務 31年度改正でSO税制の拡充がテーマに 2018年09月03日
解説記事 図表で読み解く国外転出時課税制度の改正 2016年02月22日
コラム ストックオプション契約の内容の変更 2014年06月09日
プレミアム税務 無償取得の新株予約権に概算取得費なし 2013年11月18日
プレミアム会社法 全国株懇連合会、税制改正を踏まえ税制非適格SOで新規モデルを制定 2011年09月12日
解説記事 実務家のための非居住者に係る所得課税のQ&A 2011年08月22日
     
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」917号(2022.2.7「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2022.6.8 ビジネスメールUP! 3097号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで