著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

管理支配基準

 外国子会社合算税制の適用除外要件である経済活動基準の一つで、会社の機能面から独立した企業としての実体があるかを判定する基準。国税庁Q&Aは、親会社との兼務役員について、単なる名義上の役員でなく、海外子会社の事業計画の策定やそれに基づく職務を執行しており、海外子会社から役員報酬を得ていれば管理支配基準を満たすとしているが、経営が軌道に乗るまでは役員報酬を受領しないとの事前の合意があったとして管理支配基準の充足を認めた判例(レンタルオフィス事件)もある。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

   T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「管理支配基準」⇒67件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 キャプティブ保険会社への外国子会社合算税制事案 2022年05月02日
解説記事 外国子会社合算税制における管理支配基準巡り納税者敗訴 2022年03月14日
解説記事 デジタル課税「Pillar2:税源浸食対抗税制−グローバル・ミニマム・タックスと税源浸食支払否認規定」のポイントと理論・実務上の問題点 2019年12月02日
解説記事 令和元年度における国際課税関係の改正について 2019年06月17日
コラム 平成30年分所得税確定申告のチェックポイント 2019年01月07日
解説記事 外国子会社合算税制における管理支配基準をめぐる裁決 2018年08月13日
コラム ブロッカーコーポレーション 2018年07月02日
解説記事 タックスヘイブン対策税制関連のQ&AについてA 2018年06月04日
解説記事 タックスヘイブン対策税制関連のQ&Aについて@ 2018年04月30日
解説記事 米国の税制改正と日本企業への影響 2018年01月08日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」922号(2022.3.14「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2022.7.20 ビジネスメールUP! 3114号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで