著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

週刊「T&A master」過去の掲載内容(2018)

◆◆◆ 2/19号 No.726 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・審判所、貸手の銀行調達利率でALPを算定した課税処分を取消し 外国子会社への金銭貸付け、移転価格税制の適用めぐり争い
【今週のニュース】
・小規模宅地特例改正で経過措置を手当て/・4月から自署押印と第三者書類添付不要/・IoT投資促進税制、リースも適用可/・ライセンスソフト、リース会計も適用可/・減損など、金融商品会計の適用課題を意見募集へ/・from Internet
【解説】
・税理士のための相続法講座 第35回 遺言(9)―遺言の内容 弁護士 間瀬まゆ子
・所得税法における控除制度のあり方 神奈川大学法学部教授 葭田英人
・平成29年中における会計監査人の交代企業一覧 編集部
・税理士・会計士等の認定機関に更新制が導入へ 編集部
【重要資料】
・平成29年度改正 外国子会社合算税制に関するQ&A(1)
【コラム・その他】

・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
今週の専門用語 独立価格比準法に準ずる方法と同等の方法/情報通信の技術の利用に関する省令/ライセンス供与

◆◆◆ 2/5号 No.725 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・当局は「税理士に対する所得の秘匿」を重視 確定申告期に再確認、重加算税の「特段の行動」
・平成30年3月期から適用へ Q&Aで読み解くMD&Aの開示の充実
【今週のニュース】
・中小企業向け租特、所得制限対象を追加/・法人税法22条の2が創設/・税効果注記、公開草案どおりで決着/・注記を要件に実務対応報告18号修正せず/・from Internet
【解説】
・税務マエストロ トランプ大統領が署名:米国税制改革法の成立@ PwC税理士法人 品川克己
・IFRSの任意適用を予定している企業が行った事前対応
・国際観光旅客税を新設、出国1回につき1,000円を負担 編集部
【重要資料】
・質疑応答事例(2・了)(平成29年11月24日追加分)(国税庁)
【コラム・その他】

・刀禰関信局長が、税務行政の未来に関して講演
・日野青色申告会、「第1回小学生の税の書道展」表彰式を開催
・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・平成30年度税制改正法案、2月上旬に国会提出
・青山学院大学大学院の八田進二教授が最終講義
・今週の専門用語 高度省エネルギー増進設備等/権利確定主義/インターバル期間

◆◆◆ 1/29号 No.724 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・相続税法の見直しも必至 相続関係の民法改正の全容
【今週のニュース】
スピンオフ準備、兄弟会社の合併も適格/・仮想通貨も財産債務調書の記載対象に
【解説】
・平成30年度税制改正について 一般社団法人日本経済団体連合会 経済基盤本部 神谷智彦
・税務マエストロ 非課税(6) 税理士 熊王征秀
・歯列矯正診療費の収入時期を矯正装置の装着時と判断 編集部
【重要資料】
・質疑応答事例(1)(平成29年11月24日追加分)(国税庁)
【コラム・その他】

・上尾メディックスの女子バレーボール選手が確定申告書の作成を体験
・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・ふるさと納税の申告漏れに注意!
・今週の専門用語 自筆証書遺言の方式緩和/コングロマリット・ディスカウント/ふるさと納税ワンストップ特例

◆◆◆ 1/22号 No.723 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・スピンオフ準備のグループ内再編が適格に、従業者・事業継続要件も緩和 平成30年度組織再編税制改正の留意点
【今週のニュース】
・従業員再雇用で退職金の損金算入認める/・再エネ税制、太陽光と風力は対象外/・有償新株予約権の実務対応報告が決定/・収益認識、建設関係の2つの設例を削除へ/・from Internet
【解説】
・最新判決研究 個人が法人に非上場株式を譲渡した場合の当該株式の価額(配当還元価額適用の可否) 筑波大学名誉教授・弁護士 品川芳宣
・現行税制と併存する画期的な事業承継税制の特例の創設の概要〜与党税制改正大綱及び経済産業省資料、中小企業庁申請マニュアルによる〜 税理士 竹内陽一/公認会計士・税理士 有田賢臣
・固定資産の減損損失の戻入れ
・中小企業はIoT投資減税と固定資産税特例との重複適用可 編集部
【重要資料】
・株式の保有関係が変更している場合の支配関係の継続要件の判定について
【コラム・その他】

・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・プロ野球新人選手が「税の意義と役割」を学ぶ
・今週の専門用語 従業者従事要件/任意継続/有償新株予約権

◆◆◆ 1/15号 No.722 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・平均功績倍率の“1.5倍”まで損金算入可も、国側は控訴を提起 役員退職金の過大判定で東京地裁が注目判決
・スピンオフも「やむを得ない理由」に該当 Q&Aで読み解くFDルールのポイント
【今週のニュース】
・子育て世帯配慮措置は夫婦別々に適用可/・日本がICAPパイロット・プログラム参加/・from Internet
【解説】
・会計事務所のための平成29年分所得税確定申告のチェックポイント 編集部
・医療費控除の適用で「医療費通知」利用には注意 編集部
介護付き有料老人ホームの消費税課否判定で一部取消裁決 編集部
【重要資料】
・医療費控除に関する手続について(Q&A)
【コラム・その他】

・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・パナマなど、83の国等がCRSの対象に
・読者専用「記事データベース」年間アクセストップ20
・今週の専門用語 ICAP(International Compliance Assurance Program)/医療費通知/特定施設入居者生活介護

◆◆◆ 1/8号 No.721 掲載内容 ◆◆◆
【特集
・金利・役務提供が調査対象 中小企業もターゲット 簡易な移転価格調査とは
【今週のニュース】
・自社株対価MA、被取得会社の課税無関係/・外国法人の法人税申告は別表一に注意!/・税務CG、税務調査期間の短縮も/・from Internet
【解説】
・税務マエストロ 米国の税制改正と日本企業への影響 PwC税理士法人 品川克己
・不動産譲渡対価の支払いにかかる源泉徴収義務について非居住者であるか否かが問題とされた事件 TMI総合法律事務所 弁護士・税理士 岩品信明
・税理士損害賠償訴訟判決紹介 税理士事務所の事業承継で営業権対価が争われた事件 編集部
・最大ゼロの新固定資産税の特例措置は市町村の条例が前提 編集部
【重要資料】
・平成30年2月18日及び2月25日の日曜日に確定申告の相談を行う税務署(国税庁)
【コラム・その他】

・年頭所感 新日本法規出版株式会社 代表取締役社長 服部昭三
・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・年頭所感 国税庁長官 佐川宣寿
・年頭所感 財務省主税局長 星野次彦
・年頭所感 国税不服審判所長 増田 稔
・大法人への電子申告義務化など30年度税制改正対応の予算措置
・今週の専門用語 新しい経済政策パッケージ/特別機動国税徴収官(仮称)/地域・業種制限



ご購読等のリンク先はこちら↓
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_2531.html
見本誌の無料送付はこちら↓
http://www.lotus21.co.jp/information/mihonsi.html

税務・会計・会社法務に関わる実務家必携の専門誌!
週刊「T&A master」のご購読はこちらまで
 

(分類:  ビジネスメールUP! 号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで