著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

監査法人のローテーション


 監査法人の独立性の確保の観点から監査法人を一定期間ごとに強制的に交代させる制度のこと。欧州では、2016年6月より、上場企業等に対して、監査法人のローテーション義務が課せられる。同一の監査法人による監査期間は原則として最長10年(期間終了後、4年間のインターバルが必要)とされている。一方、米国や日本では採用されていない。監査法人のローテーションに関しては、監査人の知識・経験の蓄積が中断されることによるデメリットを指摘する声がある。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「ローテーション」⇒72

分類

タイトル
登録日
プレミアム会計 監査法人交代後は監査報酬が減少傾向 2016年 04月 15日
コラム 監査法人のガバナンス・コードは年内にも策定へ 2016年 03月 14日
プレミアム会計 自民党、監査にガバナンス含めた提言を 2016年 02月 15日
プレミアム会計 監査法人のガバナンス・コードの策定を 2015年 11月 30日
プレミアム会計 訂正報告書監査におけるローテーションの関与期間は? 2012年 11月 08日
解説記事 税務否認と取締役の責任 2012年 10月 15日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」634号(2016.3.14「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2016.6.13 ビジネスメールUP! 2255号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで