著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

航空機リース事業


 LCCが急増する中、日本の大手商社等は海外子会社を通じで航空機リース事業に乗り出しているが、ネックとなるのが現行タックスヘイブン対策税制だ。同税制の「適用除外基準」である「事業基準」では、特定外国子会社等の「主たる事業」が“該当してはならない事業”として、「船舶もしくは航空機の貸付け」を挙げている。「これらの事業は国外で行う経済合理性が希薄」というのがその趣旨だが、海外企業の買収が事業の起点になっている場合まで「経済合理性が希薄」と言えるのか、疑問の声も多い。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「航空機リース事業」⇒38

分類

タイトル
登録日
解説記事 CFC税制改正の行方 2016年 10月 31日
解説記事 平成29年度税制改正に関する経団連の提言について 2016年 10月 17日
プレミアム税務 債務免除益の所得区分で控訴審も国敗訴 2016年 03月 07日
解説記事 経団連「平成28年度税制改正に関する提言」について 2015年 10月 26日
プレミアム税務 債務免除益の所得区分で納税者が勝訴 2015年 07月 27日
プレミアム税務 航空機リース事業、TH税制がネックに 2014年 09月 08日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」663号(2016.10.17「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.1.20 ビジネスメールUP! 2339号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで