著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

美術品に係る相続税の納税猶予の特例


 美術品に係る相続税の納税猶予の特例とは、美術品の所有者である個人が、寄託期間中は解約の申し入れをすることができない旨の定めがあることを受け入れた上で寄託を約し、当該美術品を相続又は贈与により取得した者もその状態を維持する場合については、相続人の相続税又は贈与税の納税を免除するというもの。平成30年度税制改正における文部科学省の重点要望項目である。なお、保存活用計画が策定された文化財も同様に相続税又は贈与税の納税を猶予する制度の創設を求めている。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「美術品」⇒45

分類

タイトル
登録日
解説記事 与党、平成30年度税制改正大綱を決定 2017年 12月 25日
オフィシャル税務 美術品に係る相続税の納税猶予特例の創設を 2017年 11月 17日
解説記事 平成30年度における各省庁の税制改正要望は? 2017年 09月 11日
プレミアム税務 みなし譲渡特例の承認手続きを簡素化 2017年 01月 16日
オフィシャル税務 美術品等の固定資産税の申告が必要に 2016年 01月 15日
オフィシャル税務 固定資産税申告対象は12月決算法人のみ 2015年 02月 23日
オフィシャル税務 東京都が一部訂正、美術品(償却資産)の固定資産税の取扱い 2015年 02月 19日
オフィシャル税務 償却資産の美術品に係る固定資産税は? 2015年 02月 09日
オフィシャル税務 美術品も100万円未満なら減価償却資産 2015年 01月 12日
コラム 美術品等における減価償却資産の判定を見直し 2014年 10月 27日
解説記事 税制から見た新公益法人制度の留意点(4) 2011年 03月 07日
コラム 人口減少時代に備えた「今後の相続対策」 2009年 11月 02日
解説記事 新しい公益法人制度と今後の課題 2008年 09月 22日
プレミアム会社法 最高裁・ポーラ元会長夫人に勝訴判決! 2004年 07月 12日
コラム ある企業の03年9月期決算に秘められた物語 2004年 02月 09日
     
     
     
     
     
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」716号(2017.11.20「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2018.2.28 ビジネスメールUP! 2497号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで