著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

消費税の実質課税

 消費税(付加価値税)では、いわゆる益税対策・累積課税排除として、外形(インボイスなど一定の書類への記載)が重視される傾向がある。一方で、所得税法12条・法人税法11条が実質所得者課税の原則を規定しているように、消費税法13条も実質所得者課税の原則を規定する。資産の譲渡等については、名義人ではなく、対価を享受する者が行ったものとして、消費税法の規定を適用する。課税庁は所得税・法人税の実質所得者課税と同様に取扱われるとの立場を堅持している。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「実質課税⇒48件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 「外形要件の優先」vs.「消費税の実質判定」 2019年09月30日
解説記事 相続税における名義有価証券等の帰属 2019年03月18日
解説記事 被相続人の預貯金を引き出した場合の相続財産の範囲と隠ぺい・仮装の有無 2018年11月12日
解説記事 借用概念を巡る学説を検証する─第3回 2017年02月13日
解説記事 借用概念を巡る学説を検証する─第2回 2017年02月06日
解説記事 借用概念を巡る学説を検証する─第1回 2017年01月23日
解説記事 「租税回避」概念の混迷と否認の限界 2015年10月19日
解説記事 平成27年度改正(2) 2015年08月31日
解説記事 自己株式取得に伴う株式譲渡損の計上(みなし配当)と同族会社等の行為計算の否認─日本IBM事件─ 2014年11月17日
プレミアム税務 審判所、契約資料ない口銭の対価性否定 2011年09月26日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」805号(2019.9.30「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2020.1.24 ビジネスメールUP! 2762号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで