著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

構造的損失発生事業

 連結納税制度の後継となるグループ通算制度では、開始・加入時の時価評価、欠損金の切り捨てのルールが焦点の一つとなるが、開始・加入時ともに利用が制限されるのが、「構造的損失発生事業」に係る欠損金だ。構造的損失発生事業の定義は恐らく政令事項になるものと思われるが、政府税調の報告書(19ページ)にある「構造的に損失(償却費等)が発生する事業」との記載はヒントになる。この記載からは、多額の償却費等が経常的に計上される事業が該当し得ることがうかがえよう。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「グループ通算制度⇒20件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム税務 開示・加入時欠損金の判定要件で誤解も 2020年01月17日
コラム 税効果会計の適用 2020年01月13日
プレミアム会計 ASBJ、グループ通算制度導入で税効果会計の見直しを検討 2020年01月10日
プレミアム税務 消費税申告期限、連結採用企業に課題 2020年01月10日
解説記事 時価評価課税・欠損金の取扱い&グループ調整計算 2020年01月06日
解説記事 注目の改正項目は? 令和2年度税制改正大綱が決定 2019年12月23日
コラム 連結納税制度の見直し、令和4年4月1日から適用 2019年12月16日
プレミアム税務 連結納税見直し、2年度改正での実現確定 2019年12月06日
プレミアム税務 非適格再編による二重損失計上にメス 2019年10月25日
プレミアム税務 図解 新・時価評価課税&欠損金持込制限 2019年09月27日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」805号(2019.9.30「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2020.1.27 ビジネスメールUP! 2763号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで