著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

一定の仮定

 今号(週刊「T&A master」837 2020.6.8)では2月決算法人が「新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期」についてのどのような「一定の仮定」を置いたかをお伝えしたが、12月決算法人の第1四半期報告書についても調査したところ、「一定の仮定」を記載していたのは10社で、そのうち6社は収束時期を「2020年6月まで」と仮定し、残りの4社は「2020年12月末まで」と仮定していたことが確認された。「2021年以降」としているところは1社もなく、最悪でも「年内には収束する」と考えているということだ。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「一定の仮定⇒18件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム会計 四半期開示、重要な変更なしも追加情報 2020年07月03日
コラム 新型コロナ影響の見積りの仮定、多くは収束時期を半年程度に 2020年06月08日
プレミアム会計 新型コロナの影響、追加情報で開示を 2020年05月15日
プレミアム会計 会計上の見積り、新型コロナの対応示す 2020年04月17日
解説記事 経営者が行った判断と見積りの不確実性の発生要因に関する情報 2018年09月17日
解説記事 企業会計基準適用指針第27号「税効果会計に適用する税率に関する適用指針」について 2016年04月18日
解説記事 「棚卸資産の評価に関する会計基準」の改正について〜後入先出法の廃止〜 2008年12月01日
解説記事 企業会計基準公開草案第25号「棚卸資産の評価に関する会計基準(案)」について 2008年05月19日
解説記事 「ストック・オプション会計に係る論点の整理」について 2003年01月27日
     
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」837号(2020.6.8「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2020.10.7 ビジネスメールUP! 2860号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで