著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

ウォークスルー

 財務報告目的の情報システムにおいて、取引の開始から財務諸表に反映されるまでを追跡することをいう。例えば、各子会社の売上及び仕入の主要取引について、売上であれば注文(受注)から現預金として回収するまでの1つの取引を追いながら、内部統制手続を調査確認することになる。また、担当者への質問を行うことにより文書化内容を実証的に検証することができる。誤謬や不正取引が起きにくい調査確認体制となっているかを確認する作業といえるものである。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「調査確認⇒19件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 内部統制の有効性評価で監査法人への損害賠償請求事件 2020年07月20日
解説記事 税理士賠償責任事件、不正の発見は顧問契約の善管注意義務の対象か 2020年06月29日
解説記事 相続税・消費税をめぐる最近の税理士損害賠償訴訟 2018年07月02日
プレミアム税務 特恵税率巡り通関業者の賠償責任認めず 2017年01月30日
解説記事 実務家のための財産評価の審理上の留意点に係るQ&A 2015年11月30日
解説記事 所得税の買換特例をめぐる最近の訴訟トラブル 2015年09月07日
コラム 関与先企業の粉飾決算巡り税理士の賠償責任を認めず 2015年03月23日
プレミアム会社法 粉飾非関与の代表取締役に賠償命じる 2014年12月22日
オフィシャル税務 海外資産巡る税賠控訴審で税理士側敗訴 2013年02月04日
オフィシャル税務 非居住者か否かは企業側で調査が必要 2011年10月03日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」843号(2020.7.20「今週の専門用語」より転載)

(分類:その他 2020.11.13 ビジネスメールUP! 2876号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで