著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

反訴

 民事訴訟における被告が、原告を相手方として新たに提起する訴えのこと。反訴することで、1つの裁判で関連する紛争の解決を行うことができる。反訴は、@本訴の目的である請求又は防御の方法と関連する請求を目的とする、A口頭弁論が終結するまで、B著しく訴訟手続が遅滞しないことを要件として、本訴の係属する裁判所に提起することができるとされている(民事訴訟法146条)。なお、本訴とは、反訴などが行われる場合、その契機となった係属中の訴訟のことをいう。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「民事訴訟⇒187件

   分類
タイトル
登録日
コラム 上告不受理決定 2020年09月07日
コラム 附帯控訴 2020年08月31日
コラム 青色申告承認取消しを巡る税理士賠償責任事件 2020年06月22日
コラム 裁判上の和解 2019年07月15日
コラム 原告訴訟 2018年08月13日
解説記事 消費税「課税資産の譲渡等にのみ要するもの」の解釈(3) 2018年06月11日
コラム 準備書面 2018年05月28日
コラム クラスアクション 2018年05月21日
コラム 確定判決 2018年03月19日
コラム 調査嘱託 2018年03月19日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」845号(2020.8.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:その他 2020.11.30 ビジネスメールUP! 2882号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで