著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

上告不受理決定

 民事訴訟法318条1項は、「最高裁判所は、原判決に最高裁判所の判例と相反する判断がある事件その他法令の解釈に関する重要な事項を含むものと認められる事件について、決定で、上告審として事件を受理することができる。」と規定する。不受理決定の主文は、「1 本件を上告審として受理しない。」「2 申立費用は申立人の負担とする。」となる。理由は、「本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。」と調書(決定)に記載される。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「上告不受理決定⇒16件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 特集 外国事業体の法人該当性 2020年06月08日
解説記事 行為計算否認、ヤフー及びIBM判決の影響鮮明 2017年06月19日
解説記事 借用概念を巡る学説を検証する─第1回 2017年01月23日
プレミアム税務 有利発行事件確定なら再び課税拡大も 2017年01月16日
コラム 税制改正も消滅時効中断は連帯納付義務者に及ぶ 2016年10月10日
解説記事 ヤフー・IDCF事件は「租税回避」の捉え方をどう変えたか 2016年03月14日
プレミアム税務 42%控除の可否、法基通改正が分岐点に 2012年08月27日
コラム 米国スピンオフ、法人税法上の“分割”に該当するケースとは? 2012年06月25日
解説記事 外国法を準拠法とする組織再編における課税について 2011年08月08日
解説記事 合併無効判決が課税関係に及ぼす効果─旧商法110条と会社法839条の相違─ 2009年10月05日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」848号(2020.9.7「今週の専門用語」より転載)

(分類:その他 2020.12.23 ビジネスメールUP! 2892号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで