著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

特別な検討を必要とするリスク

 財務諸表項目レベルにおける評価において、虚偽の表示が生じる可能性と虚偽の表示が生じた場合の影響の双方を考慮して、固有リスクが最も高い領域に存在すると評価したリスクのこと。リスク・アプローチを強化するため、今回の監査基準の改訂により定義がなされた。監査人は、会計上の見積りや収益認識等の判断に関して財務諸表に重要な虚偽の表示をもたらす可能性のある事項など、特別な検討を必要とするリスクがあると判断した場合には、そのリスクに対応する監査手続に係る監査計画を策定する。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「特別な検討を必要とするリスク⇒19件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 監査基準・中間監査基準の改訂について 2021年01月11日
プレミアム会計 電気・ガス事業に検針日基準は認めず 2020年12月11日
解説記事 監査上の主要な検討事項(KAM) 主要な日本企業の事例の調査@ 2020年12月07日
プレミアム会計 財務諸表に重要な虚偽表示のリスクあり 2020年12月04日
解説記事 監査基準が改訂、「その他の記載内容」を明確化 2020年10月05日
解説記事 監査上の主要な検討事項(KAM) 2020年06月01日
解説記事 監査上の主要な検討事項(KAM) 欧州企業による開示事例の調査@ 2019年06月03日
プレミアム会計 過年度のKAMは改めて記載せず 2018年10月29日
コラム KAM導入で監査基準改訂、平成33年3月期から適用へ 2018年07月16日
解説記事 監査上の主要な検討事項(KAM)〜欧州企業による開示事例の調査@〜 2018年07月02日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」852号(2020.10.5「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2021.1.29 ビジネスメールUP! 2903号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで