著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

土地及び家屋の固定資産税評価額

 「固定資産の評価の基準並びに評価の実施の方法及び手続」では、土地、家屋及び償却資産の別にそれぞれの評価の基本、評価の実施の方法及び手続きが定められている。土地は、宅地・農地等地目別に売買実例価額等を基礎として評価額が算定される(宅地は地価公示価格等の7割を目途に評価)。また、家屋は再建築価格及び経年減点補正率等に応じて評価額が算定される。再建築価格とは、評価対象家屋と同一の家屋を評価時点においてその場所に新築する場合に必要とされる建築費となる。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「固定資産税評価額⇒136件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム税務 審判所、騒音による土地評価で10%減額 2020年12月25日
解説記事 配偶者居住権の評価〜賃貸併用住宅における評価上の問題点について〜 2020年12月07日
解説記事 適正な鑑定評価額の前では固定資産税評価額の合理性の根拠なし 2020年11月02日
プレミアム税務 固定資産税課税標準、一定期間据置き論も 2020年09月11日
解説記事 令和元年台風第19号により被災した財産の評価 2020年07月13日
解説記事 純資産価額方式における簿外資産の計上 2020年02月03日
解説記事 「財産評価基本通達総則6項」による評価とその問題点の検証 2019年12月02日
コラム 評価通達6項をめぐる税務訴訟で納税者敗訴 2019年09月23日
解説記事 純資産価額方式を適用する場合における決算日 2019年08月12日
プレミアム税務 固定資産評価の取消訴訟で追加主張は可 2019年07月22日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」856号(2020.11.2「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.2.26 ビジネスメールUP! 2915号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで