著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

資産移転の時期

 遺産課税方式とは、生涯にわたる累積贈与額と遺産(相続財産)の額に対して、遺産税(相続税)を一体的に課税することをいう。米国や英国で採用されている。また、ドイツやフランスで採用の遺産取得課税方式とは、一定の累積期間内の贈与額と相続財産の額に対して、相続税を一体的に課税するというもの。前者は生涯にわたり、後者は累積期間内に限り、税負担は資産移転の時期によらず一定となる。日本の相続時精算課税も、同制度の枠内では、税負担が資産移転の時期によらず一定となる。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「資産移転⇒104件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 暦年課税は廃止へ、相続税・贈与税一体化議論が開始 2020年11月30日
プレミアム税務 ヤフーに続く132条の2否認で原告敗訴 2019年07月22日
解説記事 上位富裕層の管理・調査企画Q&A 2019年07月08日
コラム 相続税の取得費加算特例の期間制限撤廃への実現度は? 2018年09月10日
プレミアム税務 一般社団法人利用の節税スキームに警鐘 2017年11月13日
解説記事 外国子会社合算税制の総合的見直し@ 2017年02月06日
解説記事 ヤフー事件等を受けた今後の実務対応 2016年10月03日
プレミアム税務 子会社株式の現物配当を適格組織再編に 2016年09月05日
オフィシャル税務 相続前移転で贈与税申告が過去最高 2016年06月13日
オフィシャル税務 所得控除見直しでゼロ税率を導入も 2015年11月23日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」860号(2020.11.30「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.3.26 ビジネスメールUP! 2927号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで