著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

税務に関するコーポレートガバナンス

 企業の税務コンプライアンスの維持・向上を図るために、経営責任者等が積極的に適正申告の確保に関与し、申告書の自主点検や税務上の自主監査を促す取組のこと。取組状況が良好である等の場合には、次回の税務調査の時期が1年以上延長されるなど、企業にとって税務調査対応の負担軽減等のメリットがある。令和元事務年度の延長等対象法人数は97社。全体の取組状況を見ると、不適切行為防止策の整備・運用は良好だが、マニュアル等の整備・運用は改善余地があるとされている。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「税務に関するコーポレートガバナンス⇒41件

   分類
タイトル
登録日
オフィシャル税務 税務コーポレートガバナンス、97社が延長等の対象 2019年11月15日
コラム 税務CGによる調査時期延長等、対象法人は90社に増加 2018年12月10日
コラム 税務CGにおける自主開示制度の運用が課題 2018年10月29日
解説記事 平成30事務年度における「特留事項」の特徴 2018年09月17日
コラム ICAP(International Compliance Assurance Program) 2018年01月15日
プレミアム税務 税務CG、税務調査期間の短縮も 2018年01月08日
プレミアム税務 税務CGによる調査省略は51社が対象に 2017年11月06日
オフィシャル税務 国際戦略トータルプランを積極的に推進 2017年01月09日
オフィシャル税務 デジタルフォレンジック活用、職員育成が引き続き重要 2016年10月21日
オフィシャル税務

税務CGの充実に向けた取り組みを実施

2016年08月29日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」861号(2020.12.7「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2021.4.5 ビジネスメールUP! 2931号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで